2回目の『レディベス』



昨日夕方、2回目のミュージカル『レディベス』を観に帝劇へ
出かけました♪




f0360256_12232560.jpg



日が暮れた皇居前の夜景はとても幻想的で、私の大好きな
東京の夜のスポットの一つ。。。




f0360256_12272602.jpg



レディベスの東京公演の千秋楽は今日18日なのですが、主役はダブルキャストなので
花總さんと山崎育三郎さんはこの日17日が千秋楽。





f0360256_12233268.jpg



前回は前から10列目だったので、つい花總さんのお顔ばかり見入って
しまったのですが、
今度は舞台全体を観たい、皆さんの歌声に集中したいなと思い、
今回は2階席をとりました。


本当に舞台が好きな方は同じ演目を何度も観ると聞きましたが、
やはり2回観てみるとそれぞれ違った感じ方がありますね^^


やっぱりミュージカルはいいな~
人間の歌声ってすごい!


そして花總さんはやっぱり人間じゃない、
「生き神様」だと思いましたよ。
もう存在自体が神がかってる~



公演が終わってロビーに降りるとものすごい人。。。



f0360256_12233612.jpg



地下鉄で帰ろうと地下に降りていったら、ものすごい方向音痴のワタクシ、
地下鉄がどの方向かわからなくてウロウロ(笑)


そしてなぜか大行列で並んでいる人たちは何??????

と、思ったら、公演が終わったあとのキャストが出てくるのを待っている
いわゆる『出待ち』の皆さん。


皆さんの視線が集中する中でうろうろするのは恥ずかしくて、
つい私も「出待ち」の列に並ぶはめに(笑)
人生初の「出待ち」体験!






f0360256_12233954.jpg



舞台を何度も観ている方々はちゃんと俳優さんの素顔やお名前をわかって
いらっしゃるので、「○○さーん」と呼んでサインをもらったりしていた
のですが、

初心者の私は誰が誰だか全然わからない。。。(汗)

そもそも俳優さんはお化粧を落として衣装を脱ぐと全く違う雰囲気
なので、本当にわからないんです~
しかも帽子をかぶったりマスクをしたりなので、これは無理だぁ~

それにオーケストラの方やスタッフの方々も同じ楽屋口から出てこられる
ので、スタッフとキャストの方の区別もつかない・・・




f0360256_12235498.jpg



私は初体験でしたが、意外に、皆さん気軽にサインをしたり、握手に応じたり
フランクにファンの方と接していらっしゃるのですね♪

そして俳優さんを見て思ったのは、皆さん小柄!




f0360256_12235853.jpg



若手の俳優さん、あとで↓パンフレットの写真を見て、
山崎さんの仲間役の方だとわかりましたが、私も握手していただいたら
なんと手のほっそりしていること!!!


私がこの俳優陣の中に立ったら「巨人」のように
見えるのでしょうね~(笑)


f0360256_12241457.jpg

そしてメインキャストのお一人、
山口祐一郎さんが出てきたら、女性陣からキャーっと大歓声!




f0360256_12234219.jpg


そばにいた方々とハイタッチされたり、後ろに並んでいる
人たちに大きく手を振ったり、とてもフレンドリーな方でした♪




f0360256_12234626.jpg



中には、カメラを持っているわたしにポーズをとってくださったり、






f0360256_12240174.jpg




このあと、花總さんもちらっとお見かけすることができ、
山崎さんも遠目ですが見られて、1時間ぐらい立ちっぱなしでしたが
こんな経験もたまにはよいものですね^^


ちなみに、東京公演は今日が千秋楽。
主役のベス役は平野さんですが、主人はなんと今日も当日券を
買って一人で観に行きました(大笑)
主人は3回目です^^


わたしたち、すっかりミュージカルにはまってしまいました^^


さて、次は何を見に行こうかな???







































[PR]
by gofavo3 | 2017-11-18 14:22 | お気に入りのもの


この週末の台風は尋常ではない雨降りでしたね。。。
そのずっと前から東京は雨が続いていたので、もうお庭の植物たちは
ヨレヨレな感じです^^

そんな強風&雨の中、一昨日はずっと愉しみにしていたミュージカル
『レディベス』を観に帝劇に行って参りました♪



f0360256_10054387.jpg
(画像:帝劇公式サイトより)



NHKの大河ドラマ「直虎」に佐名姫役に出ていた美しい女優さんは
観たことがない、誰だろう???

と、調べたら、元宝塚の娘役トップスターの花總まりさん、とのこと。


あまりに美しくて声がきれいな女優さんだったので、ぜひいつか舞台を
観てみたいな~、と言っていたら、主人がチケットを取ってくれたのです♪

(花總さんはものすごい人気なので、一番観たかった『エリザベート』は全くとれず。
『レディベス』は奇跡的に良い席がとれました)



今回の登場人物↓


f0360256_10482375.jpg



劇場の入り口にはメインキャストの大きな看板が掲げられて・・・



f0360256_10535045.jpg



山崎育三郎さん、涼風真世さん、
素晴らしい歌声にもう感動なんてものではありませぬ・・・




f0360256_10483081.jpg



また、ここにはないのですが、エリザベスのお母さんのアン・ブーリン役の方、
メアリー女王役の方、
どちらも宝塚出身の方でしたが、その歌の素晴らしいこと!!!

宝塚の舞台は一度も観たことがないのですが、素晴らしい女優さんが
いっぱいいらっしゃるのですネ



そして、主役の花總さん、



f0360256_10483343.jpg




この方をなんと表現したら良いのでしょう??

あまりの美しさに、可憐さに、そして鈴虫の鳴くような声に、
現実の世界から離れてもううっとり・・・


この方は人間ではありませぬ、
天女というか、女神様というか。。。


舞台の最後は王女→女王になるのですが、
「私は国家と結婚した」といって一生独身を貫いたエリザベス、
特にこの肖像画↓が有名です


f0360256_10453555.jpg




白塗りの顔(疱瘡にかかった跡を隠すため)が映画でも印象的で、
花總さんはどんな風に表現されるのかな?と、興味津々だったのですが、


ラストはもう圧巻でした!

玉座に上るために階段を一段一段上がっていく花總さんを見たら、
あまりに神々しくて、美しくて、知らないうちにボロボロ涙が出てきたのです

魂は感動すると涙が出るのですね。。。
よくぞこんな素晴らしい女優さんに出会えた、今、この瞬間に同じ場所に
いられただけで嬉しい・・・

そんな素晴らしい舞台でした♪





唄って踊る楽しいミュージカルではなく、歴史ものなので
16世紀のイギリスの時代背景がわかっているとより
楽しく観られると思います。

個人的にイギリス大好き、エリザベス1世大好きなので、
今までこうした映画を観ていて↓、よりストーリーに入り込めました^^


f0360256_10452473.jpg




f0360256_10481792.jpg

(画像:アマゾン公式サイトより)




帰宅してからも、二人ともなんだか抜け殻のようになってしまい^^,
すごかったねー、綺麗だったねー、の連発。

花總さん、また観たいです♪




















[PR]
by gofavo3 | 2017-10-24 12:10 | お気に入りのもの

レトロを愉しむ?



今日も冷たい雨降り・・・
今週1週間ぐらいこんなお天気が続きそうですが、せっかく気持ちのよい
季節なのにねー 雨降りはもったいない。。。

主人は大好きな神宮球場での野球の試合が中止になってしまって
手持ちぶさたになっていたので^^、
車を出してもらって日本橋へ。

三越本店で「フランス展」をやっているので、
それを見たかったのです♪




f0360256_17440046.jpg




古い建物が大好きなわたくし、日本橋の三越や高島屋が大好き^^
三越は1935年に作られ、去年国の重要文化財に指定されたのですってね。


到着したときはパイプオルガンが演奏されていて、
真ん中に演奏者がいるのわかりますか?





f0360256_17440494.jpg




地方も都心も、昔の勢いがなくなってしまったような「デパート」ですが、
ここに来ると、老舗ならではのデパートの”心意気”が感じられて
なんかいいんですよー



2階にある「カフェウィーン」、




f0360256_17441021.jpg




今、こんな雰囲気のカフェなかなかなくないですか?(笑)
レトロ感満載!


デパートに週末家族で行くのが楽しみだった、小学生のころを
思い出します^^

(デパートの食堂で、チョコレートパフェ食べたいなぁ、っていつも
思ってました)




f0360256_17441481.jpg




ここでランチをいただいたのですが、決しておしゃれなイマドキの
メニューじゃないんだけど、なんだか懐かしい感じなんです^^

このレモン搾りを見たときには、「昭和の喫茶店」みたいな(笑)↓




f0360256_17441794.jpg




ここの店員さんの制服もなかなか昭和感があっていいな、と思って、
また来てしまいそうです♪


そうそう、今日初めて三越のトイレに入ってまたびっくり!
ものすごーーくレトロです。
そしてどこもかしこもピカピカに磨き上げてる!

三越本店に行かれたらぜひトイレに入ってみてください^^





















[PR]
by gofavo3 | 2017-10-15 19:40 | お気に入りのもの



昨日の夕方、渋谷東急のシアターオーブでブロードウェイミュージカル
『ウエスト・サイド・ストーリー』を観てきました♪



f0360256_14144563.jpg



ミュージカルの金字塔といわれる『ウエストサイドストーリー』、
いつか観てみたい、と思っていた念願がやっとかなって嬉しい♪




f0360256_14240942.jpg



なんといっても圧巻だったのは、背筋がぞくぞくするほど
素晴らしいダンスと歌。

このミュージカルのストーリーは知らなくても、楽曲の「トゥナイト」や
「アメリカ」は聞いたことがある、という方も多いと思います。

席も2階のバルコニー席だったので、字幕も舞台全体も見渡せて
ゆったり鑑賞することができました♪


ミュージカルは観る度に、心が震えて、感動して、
大げさだけれど”生まれてきてよかった・・・”と思います。。。

皆様も機会があったらぜひご覧になってみてくださいね☆




















[PR]
by gofavo3 | 2017-07-23 14:15 | お気に入りのもの



もう、毎日「暑い・・・」しか言葉が出なくなりましたね^^

今日は朝からエアコンをつけないといられなくなりました。


こんな日は録りだめしていた映画でも。
と、思って、1997年のフランス映画ソフィー・マルソー主演の
『女優マルキーズ』を観ることに。





f0360256_16422484.jpg


                                                     (画像出典:公式サイトより)




実はこの映画を観るのは2回目。
でもストーリーはとっくに忘れていたので^^

前回観たときは正直なーんにも感じなかったのですが、
今回は、「なんて美しい映画!」と感動・・・

17世紀の王侯貴族たちの前でマルキーズがお芝居をするという設定なので
俳優たちの衣装もさることながら、17世紀の燭台やテーブルといったインテリア、
全てが美しくて、ホーッとため息。

そう、私はどうしても映画のストーリーより「背景」を愉しんで
しまうのです(笑)



この「マルキーズ」は実在した女優。
劇作家「モリエール」も重要人物として登場しますが、モリエールといえば、


f0360256_17561682.jpg




3月5日に「パリの風景2-2016」というタイトルでご紹介した、
この画像の人物。

コメディーフランセーズの前身となった劇団を作った人、と
ご紹介していましたが、フランスの歴史や文化を少しずつ勉強していくと
だんだんいろんなことがつながっていくのが楽しいです♪


私はフランスのアンティークが好きなだけで「フランスかぶれ」じゃないなぁ、と
思っていましたが、フランス人のものの考え方や、暮らしの中で芸術を愛する姿勢を
見ていると、心から素敵!と思うのです。。。















[PR]
by gofavo3 | 2017-07-13 17:03 | お気に入りのもの

夜の洋館を愉しむ♪




無類の古い洋館好きのワタクシ、
昨日は、先月も行った旧島津公爵邸で和楽器のコンサートと
夜のライトアップが行われるということで出かけてきました♪


f0360256_15151408.jpg


お天気はちょっと曇り空だったのですが、風が爽やかで
気持ちがいい~

島津邸の中庭部分を解放して、お琴、三味線、尺八のアンサンブルで
1時間演奏を愉しんできましたよ♪



f0360256_15163411.jpg



残念ながら朝一で行われた島津邸内のガイドツアーには抽選に外れて
しまって見られなかったので、また次回^^


そして夜6時半を過ぎてようやく暗くなってきたところで邸宅の
ライトアップが始まりました!




f0360256_15185034.jpg





f0360256_15194278.jpg







f0360256_15200734.jpg


これがあまりに幻想的で美しくて、まるで映画のセットみたい・・・


特に夜空の「群青色」が吸い込まれるように碧くて
見とれてしまった。。。
まるでゴッホやセザンヌの絵みたいな色。



f0360256_15215645.jpg





f0360256_15222274.jpg






期間限定で事前申し込みが必要ですが、日中見るのとまた
違った魅力があります。



f0360256_15231708.jpg



こちらが島津邸の正面。

今年はこの邸宅ができて100年にあたるそうで、様々なイベントが
予定されているそうですよ。

皆さんも機会がありましたらぜひご覧になってくださいませ♪



ルドゥテさんでのイベントまで3週間を切りました!
準備は着々と・・・^^
明日からまた持って行くお品をご紹介してまいりますね♪

ネットショップの更新も併せてできるようがんばります!



d0295094_1819999.gif

                        
"美しいビジューとアンティークのある暮らし”
                       

                                       

f0360256_15384926.jpg



バラの美しい季節に“美しいビジューとアンティークの
ある暮らし”をテーマに、小さな蚤の市を開催します。

ルドゥテさんの素敵なジュエリー、フェリックのアクセサリーと共に
心ときめくお品を見つけていただけますように・・・


                 
日時:2017年5月27日(土) 12:00~19:00
場所:ルドゥテ(地図はこちら)   


素敵なジュエリーショップ『ルドゥテ』さんのブログはこちら
































d0295094_1819999.gif






























































[PR]
by gofavo3 | 2017-05-08 15:38 | お気に入りのもの



毎年フランス買い付けの際には1つだけ自分にご褒美を買う
ことにしています。

ほとんど観光やお買い物をする時間も気力もないような
「仕事だけ」の日々では、心が消耗してしまうので^^

(もちろん、アンティークの買い付けは楽しい仕事!なのですけどね:笑)


今回の宿泊先はオペラ座から徒歩1分という好立地で、
お買い物には「目の毒」の場所。
しかも目と鼻の先には”レペット”が・・・



f0360256_14291113.jpg



レペットは日本でも買えるけど、何でもすぐにコスパを考えてしまう
ワタクシ^^
こんなに薄っぺらい靴なのに、なぜこの値段!?
と、今まで手を出したことはありませんでした。


でもウィンドーをのぞいてみたら、日本にあるよりたくさんの種類が
あって楽しそうだったので、見るだけ~、と入ってみることに。



f0360256_14313920.jpg




f0360256_14502241.jpg




店内はとても広くてゆったりしています

お客さんは日本人率高し! 
日本人の店員さんもいました。



f0360256_14323630.jpg



(お店の許可をいただいてから撮影しています)



f0360256_14330561.jpg



フランス人の店員さんのなんて顔が小さくて、細いこと!!
本当にバレリーナみたい~


ここで出会ってしまいましたの!(私がお買い物しちゃうときは、いつもこの台詞:笑)



f0360256_14342864.jpg



グレーブルーのラメ入りのバレエシューズ、
ヤギ革でとっても柔らかなはき心地。。。




f0360256_14360673.jpg



「くすんだ水色好き」、としてはこの色目は外せない~(笑)

ということで、今回のご褒美はこれに決まりました!


免税手続きをしてくれるので、日本価格の3割引きぐらいでしょうか・・・



f0360256_14422734.jpg



私のサイズは22.5cmなので、向こうではほとんど子供サイズ^^
デザインが気に入っても在庫がないことが多いので、気に入ったら
即買いです!





















[PR]
by gofavo3 | 2017-04-09 16:27 | お気に入りのもの