今日ご紹介するのは、ロマンティックの王道、
籠いっぱいにお花を摘んでリボンのブーケにした美しい
チュールレースのカーテン。



---sold



f0360256_15304970.jpg






南仏に行くとどこのおうちでも窓を美しいレースのカーテンで
飾って、家の中でも愉しみ、家の外からも「きれい」って思って
もらえるように心配りをしているのです♪


ベースのチュールレース以外全て手仕事で作られたゴージャスな
カーテン、
いったいどんな美しいレディのお部屋を飾っていたかと思うと
心が躍りますネ^^




テープレースやボビンレース、そしてぷっくり膨らんだボタンホールステッチ
などをうまく組み合わせて立体的なホワイトワークを完成させているのは
よほどに腕に自信のあった方でしょう・・・

1900年ごろのお品ですが、ごくわずかにお直しの跡や、色づきがあるほかは
コンディションはかなり良い方だと思います。



現在ではなかなかこうした手仕事ができる人はいないでしょうから、
とても貴重なお品だと思います。

これからまた何十年も生き続けてくれると思いますので
引き続き大事にしてくださる方に・・・



詳しくはこちらからどうぞ↓












[PR]
# by gofavo3 | 2017-10-03 13:55 | リネン&ファブリック



先日、クレイユモントローの「グリーンガーランドのラヴィエ」を
ご購入くださった神奈川県のH・T様より嬉しいお便りをいただきました♪




「Yayoi様

お世話になっております。
今日、グリーンガーランドのラヴィエ届きました。
丁寧な梱包を開けると、とても素敵なラヴィエ!
エレガントで、使い勝手の良い形、本当にありがとうございました。
一緒に入っていたカードも素敵で嬉しかったです。

アンティークショップは数多くありますが、
やよいさんのセレクトなので、安心して購入できます。
これからも、よろしくお願いいたします。」




私が選んだアンティークたちを”安心して購入できる”とおっしゃって
いただいて、もう私にとっては最高の褒め言葉です~

眺めるだけのアンティークもよいけれど、やっぱり日々の暮らしの中で
使っていただける美しいアンティークをご紹介したいな、と日々思って
おりますので、こんなに喜んでいただけて本当にバイヤー冥利に尽きます。。。

どうぞこれから末永くT様の暮らしの中でご愛用くださいますように・・・




f0360256_11321845.jpg


(T様にご購入いただいたお品)




f0360256_16181481.gif




さきほど、秋色モーヴカラーのモノグラム刺繍が美しいテーブルクロスを
更新いたしました♪


---sold



f0360256_18222482.jpg



古いリネンですので、わずかに糸切れがありますが、とてもよい
コンディションで、

手の綺麗な方が刺したモノグラム刺繍や、立体的に施されたホワイトワークは
惚れ惚れするほど美しいです♪






f0360256_18223378.jpg



コンソールやティーテーブルなどに敷いたり、
あるいはサイズが合えばカフェカーテンなどにお使いいただくと
とてもエレガントなインテリアになると思います♪

ステキにご活用くださいネ



詳しくはこちらからどうぞ↓




*フェイバリッツ!は土日・祝日はメールでのご連絡および商品の発送は
 全てお休みとなります。
 この間にご注文をいただいた場合には、お休み明けにご連絡させていただきます















[PR]
# by gofavo3 | 2017-10-01 01:23 | リネン&ファブリック




このところ珍しく更新予定のお品物を連日ご紹介しておりましたが、
さきほどネットショップにリボン&メダイヨンのレリーフが美しい
小さなリキュールグラスを更新しました♪


---sold



f0360256_20252963.jpg







f0360256_20264962.jpg







f0360256_15364164.jpg




全部で6個あり、ほとんどがデッドストックのようによい状態、
中には極小さな気泡やエクボがあるものもありますが100年前後
昔に作られたガラスですのでご了解くださいませ。

また1個だけ製造時についたへこみのあるものもありますが
そちらはお値段で調整しております♪





詳しくはこちらからどうぞ↓



*フェイバリッツ!は土日・祝日はメールでのご連絡および商品の
 発送は全てお休みしております。
 この間にご注文をいただいた場合には、お休み明けにご連絡させて
 いただきます。









[PR]
# by gofavo3 | 2017-09-30 01:48 | テーブルウェア



今日は朝からトイレのリフォームで工事につきあい
グッタリ・・・

うちのトイレは10年前につけたものですが、壁紙も
トイレのリモコンもそして手洗い器もこだわって選んで
つけたのに、ウォシュレットの水漏れがして修理をしてもらおうと
思ったら部品がないということで、なんとトイレの買い換えを
することに。。。

今のトイレって電化製品みたいになっているので、部品がなければ
便器全部、リモコンまで買い換えしなくちゃならないんですねー
もうびっくりですよ!
さらに床まで張り替えることになって・・・
なんかもったいないですよね~




f0360256_16181481.gif



さて気持ちを切り替えて^^
美しいアンティークのご紹介を♪




f0360256_16102635.jpg




今では作ることのできない、ほんのりエクリュ色の手が透けるほど
薄くてはかないバティストコットン・・・


そこに超極細のタンブー刺繍が施された美しいファブリック、

三方が裁ち切りなので、ウェディングべールやドレスなどの端布かな、と
思うのですが、80×90cmほどありますので小さめの窓にカフェカーテンなどと
してお使いいただけたら、とってもステキだと思います♪






f0360256_16110325.jpg





f0360256_16111715.jpg



眼がつぶれそうなほど細かな細かなタンブー刺繍・・・

見ているだけでうっとり、エレガントな心持ちになれます^^





f0360256_16112658.jpg







f0360256_16113600.jpg







f0360256_16120081.jpg







f0360256_16122706.jpg




こうした布地、刺繍は19世紀ならではのもの。

100年以上も生き延びて、よくぞ私たちの元へやってきてくれた、と
思うと、それだけで嬉しくなってしまうのですよ。




f0360256_16123123.jpg







f0360256_16124726.jpg





どれだけ細かな刺繍なのか、従来のタンブー刺繍と比べてみました↓



f0360256_16125139.jpg




左が今回のもの、右が従来ご紹介しているものです。

まったく細かさが違うのがおわかりになりますでしょ?
チェーンステッチが全く見えないですもの。



f0360256_16171715.jpg



お色も今回のものがほんのりエクリュ色なのがわかって
いただけるかと思います。

なかなか出てこない希少アイテムですので、お好きな方はぜひ
コレクションに^^


更新までしばらくお待ち下さいませ♪


























[PR]
# by gofavo3 | 2017-09-29 17:07 | リネン&ファブリック

この秋のおしゃれ2♪



9月始めにはアンティークのブローチをいくつか
ご紹介しましたが、それとともに愉しんでいただきたいのが
アンティークレースの付け襟♪


先日終わってしまったNHKの海外ドラマ『女王ヴィクトリア』で
こんなシーンがありました。



f0360256_00310403.jpg


                                        (出典:NHKドラマ『女王ヴィクトリア』より)



1800年代の女性たちは身分の高い女性ばかりでなく、召使いたちも
こうしてドレスの襟元をレースの付け襟で飾っています


ドラマの中には、召使いがヴィクトリアの付け襟を
売って生活の足しにするストーリーもありました^^




今回ご紹介するのは、私のセレクトとしては珍しい、
ふわっふわのチュールレースの付け襟・・・



f0360256_00313472.jpg




f0360256_12390695.jpg





f0360256_12385407.jpg



まるで綿飴みたいにふんわりしたチュールレース地に
バラの刺繍・・・

でも、ドレスを着ない現代ならどんな風に愉しむ?



わたしならくるくるっと巻いて、シンプルなジャケットやブラウスの襟元に
添えたいのですよ。




f0360256_00314555.jpg



とっても雰囲気のあるエレガントなレース・・・

お値段もお手頃価格でご紹介いたしますので、ハンドメイドに
活かしても。



f0360256_16181481.gif




そして、もう1点あまーい雰囲気のレースの付け襟を。



f0360256_00320334.jpg





f0360256_00320961.jpg



今では作ることのできない、蜻蛉のように薄くてはかないバティストコットンに
可憐な手刺繍、
そして2段重ねのチュールレース地へのアプリケーションも
手仕事という贅沢な襟・・・

こちらはもともとはドレスかブラウスについていたものを切り取ったので
首回り部分は裁ち切りになっています






f0360256_00321385.jpg



うわーん、
こんな手仕事、1920年以降はめっきり姿を消してしまいます。。。




f0360256_00322374.jpg



裁ち切りといっても、こんな風につけ襟として十分今でも
お使いいただけますでしょう?




f0360256_00324712.jpg



アンティークビーズのネックレスと合わせて・・・

こうなるとレースの付け襟というより、「アクセサリー」として
お楽しみいただける逸品。。。



f0360256_00325816.jpg



この柔らかな、ふわっとした質感、「昔の手仕事」じゃないと出せないんです。。。

襟として着用を愉しむだけでなく、レースのコレクションとしても
十分価値のあるお品です。

お気に召した方がいらしたら嬉しいな・・・


更新までしばらくお待ちくださいネ



























[PR]
# by gofavo3 | 2017-09-28 00:36 | レース