旅するヴェネチアンビーズ展♪



昨日お友達と『旅するヴェネチアンビーズ展』を
観に町田市立博物館へ出かけてきました♪




f0360256_13103286.jpg



ヴェネチアンビーズといえば、金太郎飴みたいな大きなガラスビーズを
思い浮かべますが、






f0360256_13100460.jpg









f0360256_13100783.jpg




いろんな種類があって、作る工程も説明されていてとても
興味深かったです。


中には、フェイバリッツ!でも扱ってきた、直径1mmの極小のビーズを
使ったこんなラリエットやネックレスも。。。



f0360256_13101014.jpg







f0360256_13101369.jpg




19世紀の女性たちが長い針を使って一つ一つ糸に通していたそうですが
これはもう気絶しそうな作業です。。。



f0360256_13101791.jpg




ターコイズブルーのシードビーズ、
こんなデザインなら今のファッションにも難なく使えそう~



そして、やはり目を奪われたのは、ヴィンテージのコスチューム
ジュエリー♪






f0360256_13102053.jpg








f0360256_13102284.jpg








f0360256_13102516.jpg





シャネルやミリアム・ハスケルの
アクセサリーにはうっとり・・・




f0360256_13103685.jpg







f0360256_13103835.jpg



今回の展示で最も心に残ったのは、こちらの作品↓



f0360256_13104177.jpg




1600年ごろにヴェニスで作られたレースガラスの
蓋付きゴブレット。


実は1ヶ月ほど前にNHKのBSでこのレースガラスを
作るのがいかに難しいか、現在の職人さんに再現してもらった
番組を観たばかりだったのです!


どんなに一級の腕を持つ職人でも、このアンティークのレースガラスを
そのまま復元するのは不可能とのことで、今ではベニスの美術館で
アンティークを観るのみなのですが、その本物がまさかここ日本で、そして町田で
見られるなんて!!



f0360256_13104470.jpg




うわー、っとため息、ため息。。。

本当に「宝石のようなガラス」とはこのこと。


この作品は町田博物館の所蔵品でしたので、これを買い付けされた
キュレーターさんに感謝&感謝なのでした♪





f0360256_13104740.jpg



その後、カフェに移動してランチ&まさかの4時間しゃべり倒し(笑)







f0360256_13105023.jpg



お友達が頼んだのは、ハマグリのリゾット、
なんだか春を感じて幸せなひとときでした^^





















[PR]
by gofavo3 | 2018-03-17 15:46 | ひとりごと