カテゴリ:リネン&ファブリック( 106 )



天気予報どおり昨夜からまたちらほら雪が降り始めました。。。
厳しい寒さですが、明日、明後日とお天気がよくなり最高気温も9度ぐらい
まで上がるとのことでホッ。

明日は早朝から搬入のため家を出なくてはいけないので、念のため
オートマスクという雪が降ったときにタイヤに被せる布と、それを
取り付けるための長い手袋を準備(←主人がね:笑)


あんまり寒いと来られる予定だったお客様も少なくなるだろうなーと
思いつつ、1時間に一人、二人と来てくださるのがとっても理想的♪
どうぞ皆様、ゆるりと遊びにいらしてくださいませ。
あったかいお茶とお菓子とホッカイロをご用意してお待ちしています^^

あっ、それとめちゃくちゃ乾燥がひどくて風邪も気になりますものね。
昨夜ネットで急遽ギャラリーで使う加湿器を取り寄せました。
4日は「万全の体制」でお待ちしております~






さーて、いよいよリアルショップにお持ちする商品を
ご紹介するのも今日で最後となりました。

ブログでは紹介しきれないお品もたくさんありますので
日曜はどうぞ隅から隅までじっくりとご覧くださいネ



今日は雪の結晶のように美しい手刺繍の
ホワイトリネンをご紹介♪



---sold






手が透けるほど薄手のコットンにびっしり小花のガーランド、
裾もスカラップ仕上げであまりに可愛らしくて一目ぼれ!


去年3月のパリ買い付けで、レース専門のアンティークショップで
見つけたのですが、どうしても手放せず約1年間手元に置いてしまいました^^


















ふんわり、たんわり、

しなやかで柔らかな感触はまるでウェディングベールのよう・・・












かなり大判の布ですが、円形の形になっていて一部切り取られています。

ドレスやペチコートを作ろうとしたのか、ベールを作ろうとしたのか・・・











こうした薄くて柔らかい布地は現代では作ることができないお品
ですので、どうぞ大切にしてくださる方にお譲りできたら嬉しいです♪

今晩できたらあと1点布ものをご紹介しますネ



*お客様へのお願いです

 大判の布ものは壁や窓に吊してディスプレイいたしますので、脚立がないと
 取り外しができません。
 お客様で混んでいるときには脚立を出すことができないので、少しお待ちいた
 だくことがあるかと思います。
 ご購入希望のお品がありましたら、お名前を伺って「hold」の紙を貼って
 お取り置きをいたしますので、どうかご了承くださいませ。




こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 




















































[PR]
by gofavo3 | 2018-02-02 12:00 | リネン&ファブリック




昔から窓辺を美しく飾るというのは海外でも日本でも同じだったと
思いますが、日本が障子に一輪の椿を合わせるのと、
フランスがゴージャスな刺繍のカーテンを吊り下げるのとは、
真逆のようでいて何か共通点を感じます。。。




f0360256_10513199.jpg










f0360256_10520279.jpg



フランスより届いたカリクマクロスのチュールレースカーテン、
凜とした佇まいのアイリスになぜか『侘び・寂び』を感じて、

尾形光琳の「燕子花図」を彷彿させる、といったら、
それはあまりに言い過ぎでしょうか・・・?





f0360256_11103175.jpg

                      (画像出典:根津美術館公式サイトより)





f0360256_10513949.jpg









f0360256_10514234.jpg



光と影が織りなす水辺に生き生きと咲くアイリス・・・

なーんて美しいんでしょう、

って、ついぼーっとして100カット以上も撮影してしまう^^





f0360256_10514636.jpg









f0360256_10514973.jpg



カリクマクロスは、チュールレースの上に描きたい文様の布を置き、
その上からチェーンステッチで文様を描いて周囲の余分な布を
切り落とすという膨大な手間がかかります。。。





f0360256_10515248.jpg



このお品は今から150年前に作られたお品で、埃をかぶって
薄汚れていたものをきれいに洗って痛みも繕いました。


これからも使い続けるうちに痛んでくるところが出てくると
思いますが、どうぞ補修を楽しみながら愛でてくださる
方にお譲りできたら嬉しく思います。





f0360256_10515802.jpg












f0360256_10520571.jpg









f0360256_10520878.jpg









f0360256_10521197.jpg




この美しい景色・・・

見事ではありませんか?






f0360256_10521418.jpg




2月4日はギャラリーmadoさんの素敵な窓に飾りたいと思います。

どうぞお手にとってじっくりご覧くださいネ


今日はこのあと夜にもう一度更新する予定です。






こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 





























































[PR]
by gofavo3 | 2018-02-01 12:00 | リネン&ファブリック






いよいよリアルショップオープンまであと5日となりました。
昨日から持って行く商品やディスプレイ用品の梱包を始め、
家の中はぐっちゃぐちゃ^^

ずっと家にこもって作業をする日々が続いていたので
身なりもかまわず・・・
これではいけませんネ^^

これからカットをしに美容院に行ってきます♪


昨日、今日と少しいつもの気温に戻ったような気がしていましたが
また木曜から寒くなるとか・・・
どうか日曜はよいお天気で少しでも暖かくなりますように~







このところゴージャスなお品ばかりご紹介してきましたが
リネンやレースたちは普段の暮らしの中で気軽に楽しんで
いただけるお品もたくさんご用意しているのですよ♪




f0360256_11335813.jpg



---sold


上質な薄手のリネンに王冠とモノグラムが手刺繍された
素晴らしいクロス、

ティーテーブルなどに敷くために誂えられたものでしょうか?






f0360256_11340380.jpg


ここまで美しいステッチは当然ながら刺繍職人が施したもの。

額に入れて飾ってみてはいかがでしょう?


(個人的にこれはどうしても欲しくて、売れないといいなーと
 内心思っております^^)







f0360256_11341584.jpg








f0360256_11341985.jpg

---sold




極細の糸で立体的に編まれるアイリッシュクロッシェレースも
私の大好きなレースの一つ、
こちらは付け襟ですが、ボディは9号ジャストですので、
少女用のサイズでしょうか・・・

すごく手の込んだ造りで、コンディションもパーフェクト。






f0360256_11342626.jpg


総ハンドメイドのエレガントなハンカチ、
貴婦人のための婚礼用のムショワールかもしれません。

上質な薄手のリネンにブリュッセルレースがびっしり!
小さなモノグラムも刺繍されています。







f0360256_11343299.jpg


ふんわり襟元に巻いてジャケットにイン、

あるいはストールのようにくるっと巻いて楽しんでいただき
たいのは、手が透けるほど薄手のリネンにびっしり手刺繍された
ラブリーなタイ。







f0360256_11343637.jpg

昔のリネンやコットンは本当に薄くてはかなくて、
どうやってこんな細かなステッチをするのかしら?と
不思議に思います。

巻き付けたときにふんわり空気を含んだような質感が
現代のものでは出せない気がするのです。

わずかにピンホールなどありますが、身につけられる上では
目立たないと思います♪





f0360256_11344453.jpg

---sold


そして、まるでステンドグラスのような美しく光りが差し込む
レース、未使用の状態で見つかりました。

シンプルなリネンのギャザースカートなどの裾にあしらうだけで
ステキじゃありませんこと?





f0360256_12150782.jpg

---sold


こちらはマシーンメイドのホワイトワークレースですが
あまりにバラの刺繍が可愛らしいのでパリのアンティーク
レースショップより持ち帰ったお品。





f0360256_12151118.jpg



バラのメダリオンと小花のガーランド、そして全体にバラと
水玉模様があしらわれた薄手のコットン、

幅広の布ですのでストールにもぴったりです♪

デッドストックのお品ですが、一度こちらでお洗濯を
していますので気持ちよくお使いいただけます。






f0360256_12151417.jpg





このほかにもハンドメイドに気軽にお使いいただきたい
お手頃なレースやモチーフなどもたくさんお持ちする
予定です。

どうぞお楽しみに!





こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 



























































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-30 18:04 | リネン&ファブリック



本日2回目の投稿です。

もう1点、お宝のトワルドジュイを。


前回のジュイとはまた異なり、見る物を圧倒するような
凄まじい迫力のジュイ・・・



---sold



f0360256_17003395.jpg








f0360256_17003705.jpg


バイヤーさんは布専門の方ではないので(わたしもですが^^)、
前半か後半かはわからないけれど19世紀のものに間違いないと。


私もいくつかアンティークジュイを見てきて、そう思います。
私の見立ては1800年代前半のもの。
もしかしたら1700年末ごろまで行くかもしれません。。。





f0360256_17004235.jpg




でも、これほど古くて大判のものが、
なぜこんなにも素晴らしい状態で残ってる???






f0360256_17005430.jpg



最初カーテンだと思ったのですが、バイヤーさんのお話によると
ベッドの周囲を天蓋のように囲っている布だったようで、
なので日焼けも最小限に美しい紫色が残っているのですね。。。








f0360256_17024537.jpg



私がフランス語がわかったらジュイの文献などを調べて、
この宗教画をモチーフにした内容がわかるのだけれど。。。





f0360256_17024921.jpg



怖いくらいの細密画のような描写力、
見れば見るほど惹きつけられて、

あー、よくぞこんなお品が私の元に来てくれた・・・と
抱きしめたくなりました。





f0360256_17025292.jpg








f0360256_17005748.jpg



バラの花綱を手にしているのは妖精♪

天使じゃないんですよ、
妖精はとんぼみたいに羽が4枚あります。







f0360256_11093730.jpg




こちらが天使♪

天使と妖精どっちもいるなんて、嬉しすぎてニンマリ^^






f0360256_17025971.jpg








f0360256_17030210.jpg


この布がもつ「力」が伝わってきませんか・・・?



普段はまったくアンティークに興味を示さない主人が、
この布を見て、

「なんだかものすごい迫力の布だね」と言いました。


そう、ほんとうにすばらしいものはきっとみんなに伝わるもの・・・





f0360256_17030651.jpg








f0360256_17030944.jpg








f0360256_17031458.jpg



200年近く経過した布ですので、もちろん痛みはありましたが
丁寧に補修いたしました。

これほど古くて美しいトワルドジュイの大判の布を手に入れることは
もうきっとないと思います。。。



お値段も張りますが、これからもずっと大事にしてくださる方に
お譲りできたら何より嬉しいです





f0360256_17031755.jpg












こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 
















































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-29 21:13 | リネン&ファブリック




1800年代のトワルドジュイを見つけられたら、ぜひ紹介して欲しい、と
いつも御世話になっているバイヤーさんにお願いしていました。


ハギレだけれど、すっごく古いジュイが見つかったんだけど・・・」

と、連絡があり、フランスから届いたのがこちら。




f0360256_16545061.jpg



こっ、これは、かなり古いのは間違いない。。。


裏側にもとても古いエクリュ色のリネンが裏打ちされていて
そちらはかなり朽ちているのに、ジュイの方はわずかにキレが
あるものの、よい状態。







f0360256_16545410.jpg


2年前に東急BUNKAMURAミュージアムで「トワルドジュイ展」を
見てからすっかりジュイの虜となり、私の手に入る範囲でフェイバリッツ!でも
いくつかご紹介してまいりました。


が、中でもこちらは群を抜いて美しくて、
なんだか胸騒ぎ^^





f0360256_16545731.jpg




この動物たちの描写、
「絵」なのに生き生きとしていて、躍動感があります






f0360256_16550019.jpg








f0360256_16550493.jpg



わー、天使が花輪を持って飛んでる~

と、ここまできて、どこかで見たことがある絵柄・・・



f0360256_16550822.jpg






f0360256_16551233.jpg


凜々しいお顔の天使♪


もしかして・・・?


と、去年の冬のリアルショップでお客様に譲っていただいた文化村ミュージアムの
トワルドジュイ展の公式図録を開いたら、

載っていました!!!






f0360256_16551640.jpg



なんと!
あの「ジャン・バティスト・ユエ」デザインの1787年の布だった
のです~!!





f0360256_16552036.jpg



あー、なんてこと!

こんなミュージアムクラスの布が私の所にやって来るなんて。。。

実物が目の前にあるなんて!

興奮しすぎて倒れそうです(笑)



美術館で展示品に触ることはできませんが、どうぞこの布には
触って18世紀のジュイの布をじっくりご覧になってくださいませ。

皆さんに見ていただけるだけでとっても嬉しいのです♪




こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 
















































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-29 10:37 | リネン&ファブリック



極寒の日々が続いている東京ですが、皆様のところでは
いかがでしょうか・・・?

今朝は最低気温マイナス4度を記録したとのことで、45年ぶりの
ことなのだそうです。
昨夜のニュースから、「水道管の凍結にご注意ください」と報道して
いましたが、東京でこんな風に注意喚起されるのは私が上京して初めての
事のような気がします。

それなのに、わたし、昨日の夕方から自転車でジムに行ってしまって(涙)。
当然汗をかくのでシャワーを浴びたのですが、帰宅してから足下がゾクゾク。
いやーな予感的中!(苦笑)

で、熱を出しました。。。

風邪を引いてる場合じゃないので、もう、気合いで治します!!
皆様もどうぞ気をつけて~

こちらの記事↓と明日の記事は一昨日のうちに書いていたので一安心♪
今日明日は仕事をしないでゆっくり休みます^^




f0360256_11175645.gif



バイヤーさんのところで出会った途端、
うわぁ・・・っと思わず声が出てしまったお品、


---sold



f0360256_12202900.jpg







f0360256_12204302.jpg



ほんのりエクリュ色のコットンに極細タンブー刺繍が施され、
裾やサイドには蜻蛉の羽根のようなはかないチュールレースを
たっぷりと・・・

これほど贅沢な作りのカーテンをオーダーできたのは、どれほど立派なお屋敷で
身分の高い人たちだったのだろうと思うと、ふーっと意識が19世紀のフランスへと
飛んでいきます。。。




f0360256_12205071.jpg






f0360256_12205389.jpg




まるでドレスのように美しいカーテン・・・





f0360256_12213158.jpg




カーテンというとロング丈が圧倒的に多い中で、こちらは腰高窓に
ぴったりのサイズ。




f0360256_12213440.jpg







f0360256_12214159.jpg



どれほど極細かといいますと、通常のタンブー刺繍と
比較してみました↓




f0360256_12214462.jpg



全然違うでしょ?




f0360256_12214765.jpg



実はこちらのカーテン、ペアで見つかった!と思いましたが、
よく見るとどちらも左側にチュールレースがついていて
右側の窓用。




f0360256_12215174.jpg



タンブー刺繍の布地とチュールレースをつないでいる
ニードルレースもよく見るとデザインが異なります。




f0360256_12215470.jpg






f0360256_12215780.jpg



ということはそれぞれのデザインがペアで合計4枚あったものが
破れたりして左側が使えなくなったので、1枚を裏返しにして
ペアにして使っていたということがわかりました。

その証拠に、1枚の方の上部分が表側に三つ折りにされています↓




f0360256_12220440.jpg



あまりに精巧な作りなので、どちらを表にしてもいいぐらいの
お品だからこそできること。

よほど近づいてみないと裏側とはわからないので、ぜひペアで
お使いくださいませ♪




f0360256_12221308.jpg



お部屋に「上質な空間」が作れますこと、
お約束します!




f0360256_12221630.jpg






f0360256_12221813.jpg



チュールレースを端の方に持ってきてもいいですね。





f0360256_12543462.jpg





19世紀のレースは20世紀のものとは作りも繊細さも
ニュアンスも全く異なります。

それゆえお値段も張りますが、この「レースの魅力」に
取り憑かれてしまったらもう逃れられない。。。笑


一生モノのアンティークをお求めの方に・・・




*ペアでご用意しているカーテンは、ペアでご購入くださる方を優先販売
 させていただきます。
 リアルショップオープン後1時間経ちましたら、単品販売もお受けいたします。


*こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
 お品です。
 お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
 ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 






                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 









































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-25 17:02 | リネン&ファブリック




今日はお昼過ぎから雪が降り始め、
午後3時ごろにはご覧のように・・・



                   
                  


東京では「大雪警報」が出されました。。。

このぐらいの雪でも都心では交通網が麻痺してしまうので、
お勤めの方など通常より早く帰れるといいですね~




実はこんな雪の日を待っていたのは、ふわふわ雪のような
チュールレースの刺繍カーテン、

ナポレオン3世時代のとても古いお品・・・


---sold




f0360256_15555621.jpg






f0360256_15555974.jpg


外はまるで夕方のように暗いのだけれど、
雪明かりでぼんやり浮かび上がるエレガントな景色にうっとり。




f0360256_15560262.jpg







f0360256_15560548.jpg



ベースのチュールレースも、コード刺繍のような小さなお花の刺繍も
この時代ならではの繊細な作りで、現代ではとても作れないお品。

柔らかな光が差し込む素敵な光景は何にも代えがたく、
極上の時間を過ごせる気がします。。。





f0360256_15560837.jpg



ふんわり、フンワリ・・・^^




f0360256_15561504.jpg







f0360256_15561759.jpg



ごくわずかにお直ししている部分はありますが、かなりのボリュームがある
レースですのでほとんどわかりません。
100年以上昔に作られたとはとても思えないほど、グッドコンディションです!




f0360256_15562193.jpg

いけない!

はっと気がつくと、ニヤニヤしている自分がいます^^





f0360256_15562493.jpg







f0360256_15563027.jpg


上部には真鍮製の輪っかがついていますので、すぐにカーテンポールに掛けて
お使いになれます。

この輪っかだけでも結構なお値段ですので、ちょっとお得な気分♪





f0360256_15563447.jpg







f0360256_15563792.jpg



フランスの建物は天井が高いので、丈も長めです。
裾がくしゅくしゅっとなって洋書の1シーンのよう。。。





f0360256_15564032.jpg







f0360256_15564307.jpg



ウェディングベールのように美しい逸品・・・
このコをお嫁に出すのはツラい。。。本当に辛いです。


こちら珍しくペアでご用意できますので、素敵なアンティークカーテンを
ずっと探していらした方はどうぞお楽しみにネ




こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップの持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらない事が多いため、お問い合わせは
ご容赦くださいませ。






                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 





                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 










































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-22 16:24 | リネン&ファブリック

ゴージャスの極み♪


今回のリアルショップでも飛びっきりの美しいレースの
カーテンをたくさんご用意しています♪

いずれも甲乙つけがたいお品なのですが、
こちらはまるで「レースの彫刻」のような立体感のあるレースが
お気に入り。






f0360256_17155549.jpg


古いシャトーの窓にこんな美しいカーテンがかかって
シルクタフタのドレスをまとった貴婦人の姿がカーテン越しに
見えたら、

もうそれだけで恋をしてしまいそうな・・・






f0360256_17161782.jpg




思わずそんな”妄想”に駆られてしまった、
まるでドレスのようにゴージャスで美しいレースのカーテン。

まさに”ギャルリー・ドゥ・ベージュ”に相応しい逸品・・・




f0360256_17162195.jpg



流れるような曲線の中に咲く花はアイリス?




f0360256_17162429.jpg







f0360256_17162797.jpg




コンディションも極上で、

こんな逸品を見せられたら、連れて帰らないわけには
いかないではありませんか・・・




f0360256_17163093.jpg






f0360256_17163340.jpg



こちらは腰高窓ぐらいのサイズですので、必ずしも窓用だけでなく
お部屋の入り口にふんわり掛けてもステキだと思います


もし洋裁が得意だったら、ロングスカートにアレンジしたいんだけどなぁ・・・

身にまといたいぐらい、ほんとにステキなの♪





f0360256_17164045.jpg







f0360256_17164672.jpg




やっぱりお嫁に出したくないなぁ・・・笑




f0360256_17164858.jpg







f0360256_17165172.jpg






こちらのお品は2月4日に開催されるリアルショップに持って行く
お品です。
お値段などは間際でないと決まらないため、お問い合わせ等は
ご容赦くださいませ。








                        Favorites!real shop vol.17

                         "Galerie de beige
                          ”ベージュの美術館”

                                   
                 
                       日時:2018年2月4日(日) 11:30~17:00の予定
                       場所:ギャラリーmado (地図はこちら) 
















































[PR]
by gofavo3 | 2018-01-15 17:12 | リネン&ファブリック



フランス人なら誰でも知っているという、今もベルサイユに住んでいる
貴族のお城から出た、総手刺繍のゴージャスなピロケース、

王冠と判読不可能なほど複雑なモノグラムの組み合わせは
由緒正しき「公爵夫人」のもの。



f0360256_12192503.jpg


以前、このような↓王侯貴族のためのモノグラム図案を
ご紹介したことがありますが、まさかその類いの実物が見られるなんて!

と、こちらをパリのアンティークフェアで見つけたときは
興奮しました!



f0360256_12483815.jpg





f0360256_12484278.jpg





リネンは”フィル”と呼ばれる最も高品質の麻、
テロンとした肌触りで、まるでシルクのようなツヤがあり、

4辺全面に施された、眼がつぶれそうなほどの細かな手刺繍は
刺繍職人によるもので、これほど豪華なお品はミュージアムクラスであり
まず一般には出回りません。。。



f0360256_12193138.jpg


ですので、見つけたときは小躍りしてしまいそうなくらい
嬉しくて、嬉しくて・・・





f0360256_12193849.jpg





f0360256_12194293.jpg





f0360256_12195499.jpg

薔薇とライラックが咲き誇るメダイヨンの中には、さらにニードル
レースの花籠・・・


薔薇の花心にだって、こんなに細かなホワイトワーク!



f0360256_12195926.jpg



圧巻の美しさなのです!

手放してしまったら二度と出会えない・・・
と、思って、しばらく手元に置いてしまいました


そしてとても高価ですから、きっと売れないだろう、と^^




f0360256_12200964.jpg


ニードルレースは極細の糸で編まれていますので、リネンと
結びつけている糸に若干の糸切れがありますが、
お裁縫の得意な方やホワイトワークのされる方なら
補修ができる範囲かと思います




f0360256_12202177.jpg






f0360256_12202673.jpg



4辺全体に手の込んだドロウンワークが施され、これによって
まるで刺繍の絵画を入れる額のようにピシッと締まるのですね♪




f0360256_12203697.jpg






f0360256_12204557.jpg



本来のピロケースとしてお使いになれますが、
できましたら額に入れたり、壁に吊して絵画のように愛でて
いただけたらいいな、と思います。

おそらくバイヤーをやっていても10年に1度出会えるかどうかの
お品ですので・・・
大切にしてくださる方に。




詳しくはこちらからどうぞ↓




















[PR]
by gofavo3 | 2017-11-23 12:43 | リネン&ファブリック





相変わらず雨降りのお天気が続いていますが、こんな日に窓辺を美しく
飾ってくれるレースのカーテンがあったら気分も上がると思いません?





f0360256_02151923.jpg



1800年代後半、ナポレオン3世時代に作られた豪華でエレガントな
タンブー刺繍のカーテン、

横幅は140cm、長さは290cmほどもあり、いったいどれだけ
天井の高いお屋敷の窓を飾っていたんだろう?

と、思うと、ふーっと気が遠くなります。。。





f0360256_02153609.jpg






f0360256_02154035.jpg



手が透けるほど薄くて柔らかなコットンに、びっしりチェーンステッチで
描き出す文様。。。

真っ白な布1枚でお部屋の雰囲気ががらりと変わってしまうのだから
アンティークのチカラはすごい・・・





f0360256_02154494.jpg






f0360256_02155747.jpg



燦々と陽が入る時は木陰のように、
今日のようなグレーの空のときは真っ白な雪景色のような空間を
演出してくれます



f0360256_02160053.jpg






f0360256_02161082.jpg




ナポレオン3世時代ならではの優美なお花のメダイヨン、

100年以上昔のお品ですので、どうしてもわずかな痛みは避けられませんが
このお品の魅力を損なうほどのものではないと思われます。




f0360256_02165883.jpg



まるでウェディングドレスの長いトレーンのように美しいお品です。


大切にしていただける方にお譲りできたら嬉しいです♪








詳しくはこちらからどうぞ↓



*フェイバリッツ!は土日・祝日はメールでのご連絡および商品の発送は
 全てお休みとなります。
 この間にご注文・お問い合わせをいただいた場合には、お休み明けに
 ご連絡させていただきます。
















[PR]
by gofavo3 | 2017-10-21 13:02 | リネン&ファブリック